ホーム>スタッフブログ>BLOG>足袋(たび)の歴史やメリットをわかりやすく解説!現代社会でも使いやすい足袋に似た履物も紹介
BLOG

足袋(たび)の歴史やメリットをわかりやすく解説!現代社会でも使いやすい足袋に似た履物も紹介

「足袋(たび)」というとお祭りや結婚式など、日常とは離れたものというイメージが強いかもしれません。また、作業をする人が履く「地下足袋(じかたび)」を考える人もいるでしょう。

 

しかし実は、足袋は日本の伝統的履物ですし、健康面でのメリットもあることから、近年注目が集まっています。このコラムでは、足袋がどんなものかを説明しつつ、現代での利用のされ方を解説します。

 

1.まず「足袋」について知ろう

この項目では、まず足袋の基本的な情報を紹介します。

 

1-1.そもそも足袋とは?

足袋がいつ頃から利用されるようになったかは明確ではありませんが、似た履物は平安時代には存在していたと言われています。室町時代には武家で利用される頻度が上がりましたし、戦国時代になると草履(ぞうり)より動きやすいことから戦(いくさ)の際に重宝された背景もあります。

 

このころまでは礼装の際は裸足とされる慣習が強かったようですが、次第にバリエーションが増えて黒や紺のほかに白い足袋も普及します。すると、武家の間で礼装の際に白足袋をつける風習が生まれ、これ以降現代にいたるまで和服で礼装の際は足袋をつけるようになっていきます。

 

一般庶民が足袋を利用するようになったのは明治以降で、素材や足首の留め方が良くなったことで履き心地も良くなるなど、足袋の機能は向上していきます。

 

大正に入ると、底面にゴムなどを張り付けて作業性を上げた地下足袋も登場します。重心移動しやすく動きやすいうえに、洗うことも容易なので、地下足袋は作業をする人の間で広く利用されました。

 

このような流れから、足袋は現在でも礼装時に使用されていますし、動きやすさから作業現場では今も利用する人がいるわけです。

 

1-2.足袋は健康に良い?

足袋は伝統的であることや活動しやすいといった特徴だけでなく、健康的なメリットも持っています。この項目では、足袋ならではの健康上の利点を紹介します。

 

足袋は、親指とそれ以外の指が分かれていることで、一般的な靴に比べると足先に力を入れやすいことを特徴としています。このため自然と足の筋肉が鍛えられ、偏平足になりにくいメリットがあります。偏平足は足の裏のアーチが無い状態で、外反母趾になりやすいことが知られています。

 

また、足袋はその形状から足の指の間にあるツボが刺激されるので、冷え性の予防も期待できます。

 

2.足袋のメリットを取り入れた靴がある

前の項目では足袋のメリットを紹介しましたが、伝統的な足袋は履くシーンを選びますし、現代人が日常的に使用している洋服には合いません。そのため、「どれほど健康に良いと言われても、実際に履くシーンがほとんどない」と思う方も多いでしょう。

 

しかし、洋服にも合う足袋のような靴があれば、足袋のメリットを日常生活に取り入れることができます。ここからは、革靴に足袋のメリットを取り入れた新しい履物を紹介しましょう。

 

2-1.株式会社リフトが開発した「革のTABI(足袋)シューズ

浅草にある革靴製造の専門店・株式会社リフトは、「革を扱う技術や革靴の製法を応用しながら日本文化を活かしたものを作れないか?」という発想から「革のTABI(足袋)シューズ」を開発しています。

 

この商品は、上品な革靴のような外観を持ちながら、親指が独立して動かせる足袋のメリットを取り入れているので、足の指を自然に動かすことができ、歩くことの心地良さを最大限に引き出しています。また、マッケイ製法という革靴の伝統的製法を採用しているので非常に丈夫です。

 

当社株式会社リフトは、在庫を持たずに、注文を受けてから生産するこだわりを持っています。そのような方針なので、高い技術力を持つ職人がそろっていることを会社の特徴としています。今回紹介した「革のTABI(足袋)シューズ」は、「変わったものを作りたいという思い付き重視のアイデア商品」ではありません。1足づつ手作業で生産する事は他の革靴と同様ですし、細かい部分まで配慮が行き届いていることは、手に取ってみていただければどなたにも瞬時に伝わることでしょう。

 

リフトの足袋シューズはこちらから

3.まとめ

日本伝統の履物である「足袋」について、その歴史や健康上のメリットを解説しました。足袋は動きやすいうえに健康効果も豊富な優れた履物ですが、洋服中心の現代社会では利用するシーンが少ない状態になっています。

 

しかし、革靴製造販売の専門店LIFTは、足袋が本来持つ魅力に現代の製造技術を加えて、「革のTABI(足袋)シューズ」を開発しました。「革のTABI(足袋)シューズ」にはスリッポンタイプとブーツタイプがあるので、お好みの形状を選んでいただくことができますし、使いやすいカラーでご用意しました。

 

また、タイプによって素材も様々、ソールの素材を複数使用することで、履き心地の良さもしっかりと追求しています。足袋の歩きやすさと健康効果を活かしつつ、洋服にも合う履物に興味がある方は、ぜひ「革のTABI(足袋)シューズ」をお試しください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.lift-shoes.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/533