ホーム>スタッフブログ>BLOG>下駄や草履の鼻緒で足が痛くなってしまった時どうする?対処法を解説!
BLOG

下駄や草履の鼻緒で足が痛くなってしまった時どうする?対処法を解説!

下駄や草履を履いて出かけたら、足が痛くて歩けなくなってしまった…という経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。せっかくの楽しいお出かけも、足の痛みで楽しめないなんて残念ですよね。ここでは、草履や下駄の鼻緒で足が痛くなってしまった場合の対処法と予防法をご紹介します。

 

1.草履や下駄をはいて足が痛くなってしまうのはなぜ?

草履や下駄の鼻緒で足が痛くなることを「鼻緒ずれ」と言います。

   親指と人差指の間

   鼻緒の両端の付け根

などが痛いとよく言われる部分ではないでしょうか。

まず①では鼻緒を台に留めている「前坪(まえつぼ)」と呼ばれる部分が足の親指と人差し指の股に食い込んで痛い。また、②は鼻緒が足の甲に当たり、擦れて痛みが出ることもあります。皮膚が赤くなったり、ひどい場合は皮がむけてしまったり、水ぶくれになったりします。

特に浴衣の場合は素足に下駄を履く事が多く、鼻緒が直に皮膚に当たって痛くなりやすいと言えます。

 

2.草履や下駄で足が痛くならない様に出来る対策

さっそく、鼻緒ずれが心配な方は、事前に鼻緒ずれ対策をしておきましょう。鼻緒ずれしにくい下駄や草履の選び方、痛くならないための対策をご紹介します。

 

2-1.鼻緒をほぐす

履く前に新品の草履や下駄の鼻緒は固く真っ直ぐな状態が多いです。「ほぐす」と、履き心地が柔らかくなって楽にはけます。鼻緒のほぐし方のポイントを紹介します。

  1. 前坪を握り、軽く持ち上げるようにして少しゆるめます。足を入れた時に前坪と指の股の間に少し隙間ができ、足の親指と人差し指で前坪をつまめる位にほぐしておきます。
  2. 鼻緒の全体を、生地を揉むようにほぐします。全体に足の入る様にカーブが付くような形にほぐしておくと足への当たりが柔らかくなり履きやすくなります。
  3. 鼻緒を後穴の付近で外側にしっかり押し開きます。開いた鼻緒の上に足が乗る様に履くと幅が広がり擦れが和らぎます。

 

2-2.足袋を履く

足袋が足を守るので鼻緒ずれしにくくなります。素足で履くことが多い下駄ですが、足袋を履くことはタブ-ではありません。下駄に合わせるレースなどの足袋ソックスもあります。

 

2-3.草履や下駄を履いたときに足が痛くなってしまった場合の対処法

お祭りや花火大会など、馴れない草履や下駄で長時間歩くときは鼻緒ずれ対策を。それでも痛くなった時のために、次のようなアイテムを用意しておけば安心です。

  • ワセリン(白色ワセリン)
  • ベビーパウダー
  • ガーゼ、ばんそうこう

前坪と皮膚が直接当たる部分へ、塗ったり、貼ったりすることで擦れを防ぎます。

 

3.履いた後の、お手入れと保管方法を簡単に紹介!

お出かけした後、洋服はお洗濯しても下駄や草履のお手入れを忘れていることはありませんか?

 

雨や雪の日はもちろん、晴れた日であっても使用後は汚れているものです。

履いた後の適切なお手入れと正しい保存で、履き物の長持ち度は変わっていきます。

・タオルや柔らかい布で底を中心に拭く

まずは全体の汚れを除くために固く絞った布で水拭きしていきます。

底の部分は地面と接していて特に汚れが付きやすい部分です。

天候の悪いときや、底に凹凸があるタイプの下駄や草履の場合は、砂利や土などで汚れている場合もありますので、しっかりとチェックし除いていくことが大切ですね。

底を上に向けて陰干し

全体を拭いたら、直射日光が当たらず、風通しの良い場所で草履を裏返して干します。

目立つ汚れなどがついてしまったら・・・

その都度素材に応じたやり方で応急処置をしてみましょう。それでも落ちない場合はプロの修理で適切な処置をしてもらうのが良いでしょう。

・革素材の場合→市販の靴用クリーナーで軽く磨く

・生地素材の場合→食器用中性洗剤などを水で薄め軽く拭く

 

4.まとめ

下駄や草履で足が痛くなってしまった時どうする?対処法を解説しました。

オフィスカジュアルや、テレワークも増え足元のカジュアル化も進んでいます。加えて夏場の足元も、下駄や草履なら蒸れずに快適です。

 

革靴製造販売の専門店LIFTも、伝統的な雪駄の魅力を活かしつつ、現代の技術を加えた「サン駄(江戸前sandal)」を開発・販売しています。サン駄(江戸前sandal)はサイズが3SからXLまで6種類ありますから、それぞれの方にお好みのサイズを選んでいただくことができ、カラーも複数あるので女性にも多数利用されていることも大きな特徴です。足を包む鼻緒もスポンジたっぷりで、革を使用した鼻緒は足によく馴染みます。肌触りの良い裏側の素材を使用し鼻緒を作り上げているので、履き心地の良さでも優れています。現代のカジュアルシーンで使える履きやすい雪駄を探すなら、LIFTのサン駄(江戸前sandal)がおすすめです。

 

LIFTのサン駄(江戸前sandal

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.lift-shoes.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/540