ホーム>スタッフブログ>2022年1月

2022年1月

革靴って何足持っているべき?ローテーションして履くべき理由やおすすめの履き方を解説!

「革靴は履くことによって汗を吸うので、毎日同じ靴を履かないほうが良い」という話を聞いたことがある方は少なくないでしょう。しかし、「実際のところ、1日履いたらどれだけ間をあければいいのか」、「結局革靴は何足持っていればよいのか」を知っている人は少ないと思います。
 
そこでこのコラムでは、革靴を何足持っているべきなのかを解説します。
 

1.革靴を複数持つべき理由は?

革靴は連続して履かない方が良いことは広く知られていますが、この項目では、まず革靴を複数持つべき理由について解説します。
 

1-1.足から出る汗で臭いが発生する

そもそも足には汗腺が多く、背中などに比べると5倍もあると言われています。そのため1日でコップ1杯もの汗をかきますから、靴には大量の汗が染み込むのです。
 
とはいえ、実は汗そのものには、においを発する成分はほとんどありません。しかし、皮膚には多数の細菌が生息しており、皮脂などをエサにしています。それらの細菌が汗と皮脂がと混ざった状態で活動すると、人間にとって嫌なにおいが発生します。
 
細菌が活動するには、20度以上の温度があることも重要な要素です。靴は長い時間足と接触するため、体温によって温められます。つまり、温度と湿度、皮脂などのエサという3つの条件がそろうため、靴の中は細菌にとって非常に好ましい環境なのです。
 
これを踏まえて、革靴は1日履いたら汗の水分が乾くまで間をあけることで、嫌なにおいがすることを防止しやすくなるのです。
 

1-2.カビが発生しやすくなる

カビは革製品にとっての大敵です。1日履いた後の革靴には、汗による湿度と体温による温度が残ります。また、足の皮脂や革の内部のタンパク質がカビにとって栄養源となるため、カビが繁殖するのに非常に好ましい環境が形成されるのです。
 
カビは見えるところに繁殖していれば非常に見た目が悪いですし、仮に見えない所に発生した場合でも、革自体のタンパク質を摂取し続けるので素材として劣化が進行していきます。
 
さらに、カビは条件さえそろえばどんどん繁殖しますから、仮に見えにくい場所で発生した場合でも、放置すればいずれは見える部分まで侵食される可能性が高いのです。
 
このような点を踏まえて、革靴はカビを発生させないようにローテーションしながら履くことをおすすめします。
 

2.結局革靴は何足持っているべき?

前の項目では、においやカビを防ぐために革靴を連続して履かない方が良いことを記載しました。ここでは具体的に革靴を何足持っておくべきかを記載します。
 

2-1.できれば4足以上持つことが望ましい

足の汗に由来する水分を飛ばしてにおいやカビのリスクを下げるためには、1日履いたら二日は間をあけることを推奨します。そのため、1週間に5~6日連続で革靴を履くと仮定すれば、必要な数は3足ということになります。しかし当コラムでは、雨の日があることを踏まえて、4足以上の革靴をローテーションして履くことをおすすめします。
 
多くの革靴は、雨によってダメージを受けやすい特徴を持っています。防水スプレーなどである程度ダメージを防ぐことはできますが、激しい雨が降った場合は万全とは言えません。そのため、雨の日専用に撥水加工や防水加工が施された革靴を1足でも持っておくと、全体として革靴を長く大切に履くことができるでしょう。また、雨の日用の靴としては、ソールにレザーを使っているものよりラバーソールがおすすめです。
 

2-2.いきなり4足は無理でも2足は確保しよう

それなりの革靴を買うにはある程度の費用が掛かりますから、いきなり4足以上をそろえることは難しいという方も少なくないでしょう。そんな時は通常履きの革靴を1足と、雨に強い革靴を1足ずつ持って交互に履くことをおすすめします。雨に強い靴であっても晴れた日にも履けますから、とりあえず毎日同じ靴を履くよりダメージを小さくできます。
 
その後1足ずつ買い足していくようにすれば、いずれは4足以上でローテーションすることが可能になるでしょう。
 
 

3.まとめ

革靴を何足持っているべきかについて解説しました。足は身体の中でも汗をかきやすいうえに、靴は密閉された構造であるため、においやカビが発生しやすい特徴を持っています。それを踏まえると、できれば4足以上の靴をローテーションしながら履くことをおすすめします。
 
経済的な事情でいきなり4足もの靴をそろえることは難しいという方は、とりあえずオーソドックスな革靴と、雨に強い加工が施された靴を1足ずつ持つことから始めましょう。
 
革靴製造販売の専門店LIFTは、上質な素材を使用して履きやすい革靴を多数提供しています。熟練した職人が、素材と技法にこだわりぬいて自社で一貫製造することがLIFTの特徴です。大量生産して在庫を置く利益重視のスタイルではなく、オーダーを受けてから職人が一足ずつ丁寧に製造しております。
ぜひ一度LIFT自慢の職人が作った革靴をお試しください!