ホーム>スタッフブログ>BLOG

BLOG

新品の革靴こそお手入れが必要! 革靴を長くキレイに履くコツを教えます

「靴のお手入れ」と言うと、使い始めてから汚れやダメージが気になりだしたときに始める人が多いと思います。しかし革靴の場合、革の状態を良くする保湿や防水をしておくとダメージを防ぐことができるので、新品の時にお手入れすることが推奨されます。

このコラムでは、新品でもお手入れした方が良い理由や、素材の違い、お手入れの仕方をまとめ、傷みにくい靴の購入方法も紹介します。ぜひ最後まで読んで革靴購入の参考にしてください。

 

1. 革靴は使い始める前にお手入れするべき?

この項目では、革靴を新品の時にお手入れするべき理由や、お手入れの道具や方法を紹介します。

1-1. なぜ新品なのにお手入れが必要?

革は乾燥に弱いので、革靴は製造工程の最後にクリームやワックスなどで保湿する工程があります。しかし、製造後に倉庫や店舗で時間がたつこともあって、購入した時には乾燥が進んでいることが少なくありません。そのため、履き始める前に保湿や防水をすることで、長くキレイに履くことができるのです。

1-2. 乾燥したまま履くとどうなる?

靴は乾燥した状態で使うと、足の動きや力のかかり方によって「履きジワ」が発生しやすいことが知られています。1回の使用でいきなり破損するというものではありませんが、保湿されないまま履き続けるとしわが深くなって寿命が短くなるのです。

また、乾燥した状態ではシミもできやすいので、靴の外観が悪くなりがちです。そのため、保湿と防水は新品の状態でしておくことが推奨されるのです。

1-3. 素材によって保湿しなくて良いものもあ

前の項目で保湿の重要性を書きましたが、中には保湿が不要な素材もあるので、どんな革が使われているのか知っておくことは非常に重要です。

一般的に使用量が多いスムースレザーや、馬の繊維質を利用したコードバンと呼ばれる素材は保湿を必要とするタイプです。

一方、スエードやヌバック、パテントなど、革であっても保湿を必要としない素材もあります。そのため、購入時に素材を確認しておくことがおすすめです。量販店などでは知識を持たない人が扱っている可能性がありますが、専門店なら素材だけでなくお手入れの方法も教えてもらえることもあります。

 

2. 新品の革靴のお手入れの方法を知ろう

ここでは、一般的な靴のお手入れを解説しますのでぜひ参考にしてください。

2-1. できれば用意してほしいもの

革靴のお手入れをするには、以下のものがあると便利です。

・シューツリー(シューキーパーとも言う)…数百円~3千円程度

・靴ブラシ(できれば馬毛)…数百円~2千円程度

・靴用保湿クリーム(できれば無色)…数百円~2千円程度

・靴用防水スプレー…数百円~2千円程度

 

上記をまとめれば、安く抑えるなら3千円程度、高くても1万円程度あればお手入れ用品は入手できます。ぜひこの機会に用途に合わせて購入してみてください。

※クリームやスプレーは色や素材に合うものを選ぶことを忘れないようにしましょう。

2-2. お手入れの手順

ここからはお手入れの手順を記載します。

・靴ひもを外してシューツリーを入れる

・ブラシでほこりなどを落とす(使用後に汚れがあれば特にていねいに)

・クリームを塗って保湿する(繊維がつかない布、クロスなどを使うと便利。塗り過ぎに注意して伸ばしてなじませるように)

・防水スプレーを吹きかけて磨く(いったん乾いてから再度スプレーし、それから磨くとキレイです)

 

簡単に記載しましたが、クリームの量や磨きのコツなど、靴磨きには様々な要素の熟練が必要です。うまくできないという場合、プロに依頼するのも一つの手でしょう。

 

3. お手入れをする上で知っておきたいこと

このコラムの冒頭で説明しましたが、そもそも革靴は製造工程の最後にワックスなどで保湿を行います。しかし、大量生産品を量販店で買うと、購入までにある程度乾燥していることが少なくありません。そのため、履く前にお手入れをしていないと靴がダメージを受ける可能性が高くなります。

これを逆説的に考えれば、「製造から長期保存されずに入手できる受注生産の靴は傷みにくい」ということができます。「受注生産って高いのでは?」、「受注生産ってちょっと敷居が高そう」と思う人もいるでしょう。しかし、一つ一つてをかけ、自社で一貫生産を行っている質の高い革靴を、革の状態が良いまま購入できるのが受注生産の大きなメリットです。この機会に靴の受注生産を利用してみませんか?

>>>LIFTの商品一覧はこちらから

4. まとめ

新しい革靴を買ったときは最初にお手入れをする必要があることを解説し、具体的なお手入れの方法などをまとめました。

東京都にあるLIFTは、オンラインストアで受注を受けてからそれぞれの靴を製作する方法をとっています。そのため注文した品物が翌日に届くメリットはありませんが、大量生産販売とは異なり、職人がていねいにお手入れした状態の靴をお届けしています。

もちろん、新品の状態でのお手入れはしていただきたいですが、製造後に倉庫や店舗で長期間乾燥が進んだ靴と違って傷みにくい特徴があります。革靴の受注生産を考えるなら、熟練した職人が素材と技法にこだわりぬいて作り、大量在庫をしない日本製革靴ブランド・LIFTにお任せください!

 

ご質問、ご相談がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

>>>お問い合わせはこちら

ネット販売で足にぴったりフィットする革靴を買う方法とは?詳しく解説!

近年、ネット上で物を買うことはごく当たり前になっています。しかし、革靴を買う時は、「通販では試着できないので失敗しそうで怖い」というイメージが強いのではないでしょうか?

そこでこのコラムでは、通販で革靴を買う場合のサイズや選び方について、わかりやすく解説していきます。ぜひ最後まで読んで購入時の参考にしてください。

1. ネット販売で革靴を買う時は何に注意するべきか?

この項目では、ネット販売で革靴を買う時に失敗しないための知識をいくつか説明します。

1-1. 革は伸びる素材であることを踏まえて、製造販売してくれるサイトを利用しよう

革は素材として伸びる特性を持っています。そのため試着して購入する時は、少しキツめのものを選ぶことをおすすめします。

しかし、今回はネット販売で革靴を買う時のコツについて話しているので、試着のコツは置いておきましょう。

ネット販売の靴を買う場合、革の伸び具合を知って購入することは現実には困難です。それは革にもいくつかの種類があり、伸び方も微妙な違いがあるからです。そのため、大量生産の革靴をネット販売で買う場合、どうしても「賭け」の要素が入ります。

この問題を解決する方法はただ一つです。それは、測定した足のサイズと選んだ靴の素材を踏まえて一つずつ作ってくれる、受注製造販売タイプのネット販売の靴屋さんで購入することです。

革靴を製造する職人さんたちは、革の種類による伸び具合を詳しく知っています。そのため、足のサイズを見て、「この足でこの靴を履くならこのくらいの余裕を持たせるべき」と考えてくれますから、一足ずつ製造してくれる靴屋さんで買うこととこそが、失敗しない秘訣なのです。

1-2. 足のサイズを測る時は時間を考慮しよう

靴の購入をガイドする記事を読むと、「夕方は足がむくんで大きくなるので、午前中に靴を買うのはおすすめしない」、という内容が必ずと言ってよいほど書かれています。これを踏まえると、通販用に足のサイズを測る場合も、夕方以降であるべきということになります。

ただし、足がむくむ時間帯は暮らし方によって変わりますから、自分の足がむくみやすい時間を知ってから測定することをおすすめします。

2. 足のサイズを正しく測定しよう

この項目では、足のサイズを正しく測る方法を紹介します。足を測る時は一人では正しく測れないので、必ず二人で測定しましょう。また、足のサイズは左右で異なりますから、両方の足を図りましょう。

2-1. 準備するもの・人

  • 足の測定は一人ではできないので、本人以外の誰かがもう一人いる状態で測定することが必須
  • 足のサイズより大きい紙(A4サイズ:210×297以上)・2枚
  • ボールペンやシャープペンシルなどの筆記具(太いマジックなどは好ましくない)
  • 30センチ物差し
  • 三角定規(二等辺タイプでも不等辺タイプでも良い)
  • メジャー(布やビニールなどの柔らかい素材のもので、硬いパキパキした素材のメジャーは不可)

※道具類がない場合、あるもので済ませようとする人もいるかと思いますが、すべて100均で買えるようなものばかりです。

2-2. 紙を用意する

紙の中央に縦線(長い辺に平行)を引き、それに直角な水平線(短い辺に平行)を紙の手前側に書きます。水平線はできるだけ紙の手前側に書きましょう。また、この線はなんとなく直角ではなく、しっかり直角に書いてください。「直角」を作るのが難しいと感じる人は、紙の端から1センチのところに左右2点印をつけ、それを結んでも良いでしょう。

この紙を左右の足ように1枚ずつ作り、紙の端に右、左と記入しておきましょう。

2-3. 紙に足を乗せる

まず裸足になり、立った状態で紙に書いた縦線と横線の交点にカカトの最も出っ張った部分を合わせ、人差し指の中央が縦線に沿うように足をのせます。測定する時は足に偏った力がかからないように、まっすぐ前を向いてください。

※この時点でも一人でやろうとしている人がいると思いますが、まっすぐ前を向いたまま測定するのはとても難しいことです。家族や友人を頼りましょう。

※立った状態で測るのは、体重がかからない座った状態とは足のサイズが0.3ミリ程度も変わるからです。

2-4. 足長を測る

2021326104556.gif

三角定規の直角辺が紙の縦線に沿った状態で、紙の横線に平行な辺が一番突出している指(親指、または人差し指)の先端に当たる位置に置き、三角定規の直角点と縦線の交点に印をつけます。

これで足長を知ることができますが、この時は足は紙の上にのせたまま、「次の足幅を測る」に進みましょう。(カカト側の交点と、つま先側の交点の距離が足長です)

2-5. 足幅を測る

2021326104610.gif

親指の関節部の根本にある横に突出した部分に印をつけ、小指の根元の最も突出した部分にも印をつけます。ここまで済めば足を紙から離して構いません。親指側の突出点と小指側の突出点を結んだ長さが足幅です。

2-6. 足囲を測る

2021326104620.gif

親指の関節部の根本にある横に突出した部分と、小指の根元の最も突出した部分を巻くようにメジャーを一周させた長さが足囲です。硬いメジャーではすき間なく足を巻くことはできないので必ず柔らかい素材のメジャーを使ってください。

 

3. まとめ

足にぴったりフィットする革靴を、ネット販売で購入する方法をまとめました。上記の方法で足のサイズを測った後は、購入は日本製革靴ブランドLIFTで行うことをおすすめします。

LIFTは、東京都にある革靴制作販売の専門店です。当店はお客様からの情報に合わせて、一足ずつ革靴を作りますから、大量生産販売の店とは異なり、ネット販売でもぴったりフィットする革靴を買うことができます。

革靴をネットで買うなら、熟練した職人が素材と技法にこだわりぬいて作る、日本製革靴ブランドLIFTにお任せください!

求人募集中!!東京本社

日頃より格別のお引き立てを頂き、誠にありがとうございます。

株式会社リフトでは、企画開発で働いて頂ける方を募集しております。
 

<募集職種>

企画開発・・・1名(未経験者歓迎)

<勤務地>

東京本社(台東区東浅草)


<雇用形態>

正社員(1~3か月の試用期間あり)

<仕事内容>

・20~30代をターゲットとした靴製品を取り扱っています。
(メンズ45%レディース55%)
・コレクションブランド、アパレル、セレクトショップOEM革靴の企画開発
・自社ブランド企画開発
・製品出荷作業

<応募条件>

・35歳以下
・ファッションが好きな方大歓迎


<弊社について>

詳しくは、弊社ホームページをご覧ください。https://www.lift-shoes.co.jp/

<応募方法>

まずはお電話にて御連絡頂きまして、履歴書及び職務経歴書を下記までお送りください。
まずはお気軽にお問い合わせください。


株式会社リフト
〒111-0025
東京都台東区東浅草2-26-15
tel:03-3871-6877

 
皆様のご応募お待ち申し上げております。

メンズメルローズ×seesaw 新作ブーツ予約会開催中!!

現在メンズメルローズオンラインストアでは、seesaw別注サイドゴアブーツとプレーントゥブーツの先行予約会を開催中です。

予約会期間中は10倍ポイントプレゼント!

●お届け予定:9月上旬

 

今回はレースアップブーツとサイドゴアブーツの2型の展開です。

 

レースアップブーツはベロア素材を贅沢に使い、頭と踵にコガシ加工で表情を出した1足です。

踵にはバックジップを採用し、脱ぎ履きもスマートです!!

 

201781614545.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドゴアブーツは革らしい表情が魅力の素材をセレクト。

裏地使いのジャガード生地が良いアクセントになっています。

 

2017816145441.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひこの機会にご覧ください。

↓↓↓

http://store.melrose.co.jp/news/detail/?shop=mensmelrose&c=1524

[seesaw]LIMITED EMBOSSED MESH LEATHER SLIP ON

[seesaw]LIMITED EMBOSSED MESH LEATHER SLIP ON

Synapse様にて別注仕様で展開しています!!

 

・インディゴカラーのレザーに型押しで表現されたメッシュデザイン

・ソールにVibram社製1.8mm厚硬質ソリッドラバーソールを採用。 従来のモデルに比べ耐久性、クッション性、グリップ性に優れ雨天時の浸透を格段に軽減。

・ボタニカル柄JQ生地を内側に貼り付け、大人なリゾート感をさりげなく演出。

・素足でも着用いただけ、サマーシーズンにおススメな逸品です。

 

 

ヴィンテージ感のあるスキニーデニムによく合います!!

201771817641.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
= 取扱店舗 =
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png

 

 

 

 

 

20177181787.png

 

 

 

マッドガード(mudguard)

マッドガード(mudguard)とは、ソールに巻きつける泥除けのことです。
LIFTでもよく用いられる製法です。

 

マッドガードには革やゴムが使用されており、アッパー(甲革)とソールの接合部分にぐるりと巻きつけるように取り付けられます。

後付けのパーツですが、取り付けたあとは横に厚みのあるソールのように見えます。
泥除けとしてだけでなくデザインとして用いられることもあり、
マッドガードが取り付けられた靴の総称としてマッドガードという言葉が使われることもあります。

 

テープは一つ一つ手作業で巻いていくので、なかなか大変な作業です!!

綺麗に仕上がるように職人がコツコツ巻いておりますので、ぜひ仕上がりを見ていただきたい!!

おすすめです!!

 

 

2017626175850.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png

 

【seesaw】新作 ウエスタンシリーズ

seesawの新作、ウエスタンシューズが登場しています!!

レースアップとスリッポンの2型にウエスタンカットを採用しました!!

フロント部分のウエスタンカットが新鮮な雰囲気です!!

 

主張が強すぎるというわけでもなく、絶妙なバランスに仕上げています。

ワイドや細見など色々なパンツに合わせていただくと楽しい1足です!!

 

 

2017623184652.jpeg

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png

 

ハトメについて

こちらは「ハトメ」と呼ばれる靴ひもを通す穴に付ける、金属の環のことです。
色味は「ニッケル」や「黒ニッケル」、「ゴールド」など様々あります。
 
 
デザインや素材によって色味や大きさを使い分けています。
仕上がりの雰囲気を左右する重要な部材の一つです。
ぜひ細かい部材にも注目してください!!
 
 
2017619181618.jpeg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png

 

ソール屋さんの一コマ

LIFTでは様々な材料屋さんから材料を仕入れています。

本日は靴のソールを作っていただいているソール屋さんを少しご紹介します。

 

こちらの工場は浅草にあります。ベテランの職人さんが丁寧に仕事をすることが特徴です。

下の写真はベージュのソールをダークブラウンへ染めている場面です。

 

職人さんの手仕事が光りますね!!

味のある雰囲気はこうしたひと手間から生まれてきます!!

 

 

2017616182246.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png

 


 

ソール入荷中!!

本日もソールがたくさん入荷しています!!

LIFTではたくさんのデザインを幅広く作っているので、ソールも多種多様です。

 

靴のデザインの大事なウエイトを占めている「ソール」!!

随時アップしていきますので、お楽しみに!!

 

201769182320.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


●LIFT公式SNS

 

2017128163020.png

 

 

 

 

 

201712816318.png

 

 

 

 

 

2017128163155.png