ホーム>スタッフブログ>BLOG

BLOG

足袋(たび)の歴史やメリットをわかりやすく解説!現代社会でも使いやすい足袋に似た履物も紹介

「足袋(たび)」というとお祭りや結婚式など、日常とは離れたものというイメージが強いかもしれません。また、作業をする人が履く「地下足袋(じかたび)」を考える人もいるでしょう。

 

しかし実は、足袋は日本の伝統的履物ですし、健康面でのメリットもあることから、近年注目が集まっています。このコラムでは、足袋がどんなものかを説明しつつ、現代での利用のされ方を解説します。

 

1.まず「足袋」について知ろう

この項目では、まず足袋の基本的な情報を紹介します。

 

1-1.そもそも足袋とは?

足袋がいつ頃から利用されるようになったかは明確ではありませんが、似た履物は平安時代には存在していたと言われています。室町時代には武家で利用される頻度が上がりましたし、戦国時代になると草履(ぞうり)より動きやすいことから戦(いくさ)の際に重宝された背景もあります。

 

このころまでは礼装の際は裸足とされる慣習が強かったようですが、次第にバリエーションが増えて黒や紺のほかに白い足袋も普及します。すると、武家の間で礼装の際に白足袋をつける風習が生まれ、これ以降現代にいたるまで和服で礼装の際は足袋をつけるようになっていきます。

 

一般庶民が足袋を利用するようになったのは明治以降で、素材や足首の留め方が良くなったことで履き心地も良くなるなど、足袋の機能は向上していきます。

 

大正に入ると、底面にゴムなどを張り付けて作業性を上げた地下足袋も登場します。重心移動しやすく動きやすいうえに、洗うことも容易なので、地下足袋は作業をする人の間で広く利用されました。

 

このような流れから、足袋は現在でも礼装時に使用されていますし、動きやすさから作業現場では今も利用する人がいるわけです。

 

1-2.足袋は健康に良い?

足袋は伝統的であることや活動しやすいといった特徴だけでなく、健康的なメリットも持っています。この項目では、足袋ならではの健康上の利点を紹介します。

 

足袋は、親指とそれ以外の指が分かれていることで、一般的な靴に比べると足先に力を入れやすいことを特徴としています。このため自然と足の筋肉が鍛えられ、偏平足になりにくいメリットがあります。偏平足は足の裏のアーチが無い状態で、外反母趾になりやすいことが知られています。

 

また、足袋はその形状から足の指の間にあるツボが刺激されるので、冷え性の予防も期待できます。

 

2.足袋のメリットを取り入れた靴がある

前の項目では足袋のメリットを紹介しましたが、伝統的な足袋は履くシーンを選びますし、現代人が日常的に使用している洋服には合いません。そのため、「どれほど健康に良いと言われても、実際に履くシーンがほとんどない」と思う方も多いでしょう。

 

しかし、洋服にも合う足袋のような靴があれば、足袋のメリットを日常生活に取り入れることができます。ここからは、革靴に足袋のメリットを取り入れた新しい履物を紹介しましょう。

 

2-1.株式会社リフトが開発した「革のTABI(足袋)シューズ

浅草にある革靴製造の専門店・株式会社リフトは、「革を扱う技術や革靴の製法を応用しながら日本文化を活かしたものを作れないか?」という発想から「革のTABI(足袋)シューズ」を開発しています。

 

この商品は、上品な革靴のような外観を持ちながら、親指が独立して動かせる足袋のメリットを取り入れているので、足の指を自然に動かすことができ、歩くことの心地良さを最大限に引き出しています。また、マッケイ製法という革靴の伝統的製法を採用しているので非常に丈夫です。

 

当社株式会社リフトは、在庫を持たずに、注文を受けてから生産するこだわりを持っています。そのような方針なので、高い技術力を持つ職人がそろっていることを会社の特徴としています。今回紹介した「革のTABI(足袋)シューズ」は、「変わったものを作りたいという思い付き重視のアイデア商品」ではありません。1足づつ手作業で生産する事は他の革靴と同様ですし、細かい部分まで配慮が行き届いていることは、手に取ってみていただければどなたにも瞬時に伝わることでしょう。

 

リフトの足袋シューズはこちらから

3.まとめ

日本伝統の履物である「足袋」について、その歴史や健康上のメリットを解説しました。足袋は動きやすいうえに健康効果も豊富な優れた履物ですが、洋服中心の現代社会では利用するシーンが少ない状態になっています。

 

しかし、革靴製造販売の専門店LIFTは、足袋が本来持つ魅力に現代の製造技術を加えて、「革のTABI(足袋)シューズ」を開発しました。「革のTABI(足袋)シューズ」にはスリッポンタイプとブーツタイプがあるので、お好みの形状を選んでいただくことができますし、使いやすいカラーでご用意しました。

 

また、タイプによって素材も様々、ソールの素材を複数使用することで、履き心地の良さもしっかりと追求しています。足袋の歩きやすさと健康効果を活かしつつ、洋服にも合う履物に興味がある方は、ぜひ「革のTABI(足袋)シューズ」をお試しください。

サンダルはいつから履くべき?サンダルに適した時期、おすすめの履きこなしをわかりやすく解説

「サンダル」というと夏の履物という印象を持つ人も多いですが、春の訪れとともに見かける頻度も増えてきます。その一方で、サンダルを履きたいけど、「周囲と季節感がズレるのもイヤ」という人も少なくないでしょう。そこでこのコラムでは、サンダルはいつから履くべきかを解説します。
 

1.サンダルはいつから履くべきかを季節ごとに解説

この項目では、サンダルはいつから履くべきかを、季節ごとに確認していきます。

1-1.冬が終わればサンダルのシーズン到来!

真冬にサンダルで歩くのはさすがに季節外れ感が強いですが、4月頃になって温かさが増してくれば、誰もがサンダルを履きたくなるでしょう。とはいえ、素足にサンダルではまだまだ寒い時期もあるでしょう。そんな時は靴下+サンダルのコーディネートをおすすめします。
 
靴下を履くことで寒さや足の冷えをカバーできますし、全体がスマートに見える効果もあります。靴下のカラーはサンダルと同系色で合わせる手もありますし、黒などの濃い色のサンダルに白い靴下を合わせるのもすでに定番化しています。また、花柄やボーダーの靴下を合わせてみるのも、春らしさを楽しむアイデアとしておすすめです。
 
さらに、4月の後半や5月になって温かみは増したものの、「素足にはまだ早いかな?」という時期であればアンクレットソックス(足首までの長さの靴下:スニーカーソックスとも言う)で合わせるのも良いでしょう。

1-2.夏こそサンダルのトップシーズン!

外観的にも心地よさの点でも、サンダルを履くトップシーズンはやはり夏でしょう。ちょっと近所のコンビニに行くという程度でもサンダルは活躍しますが、素材や形状にこだわったサンダルなら、オシャレな店に買い物に行く時にも便利です。また、花火大会などの夏特有のイベントなどにも最適ですから、フォーマルな場以外であれば、ほとんどのシーンをサンダルで通す人がいるのも夏ならではです。
 
それでも、少し変化をつけたい場合などは、足の指先が見えるタイプのフィンガーレスソックスを合わせてみるのもおすすめです。

1-3.少し寒くなってくる秋でもサンダルは活躍する!

9月以降、少し涼しくなってくる時期でもサンダルは活躍します。オシャレの観点から言えば春と同様に靴下とのコーディネートを楽しむにも適したシーズンとも言えます。
 
足全体を覆う靴とは異なり、少々厚手の靴下を履いてもサンダルなら足が圧迫されません。実は靴下との素材や厚さも含めてサンダルとの組み合わせを楽しめるのは「秋だからこそ」のメリットです。
 
また、「一日中靴を履くと疲れる」、「足が蒸れるのがイヤ」という人は少なくないでしょう。多くの靴は密閉性がありますから、どうしても足の発汗量が増えます。足の発汗というと誰もが想像するのが、嫌な臭いや水虫ではないでしょうか?知り合いの家に招かれた時や座敷で食事する機会などに、靴を脱いだ時の臭いが気になる人にもサンダルはおすすめです。
 
サンダルは着脱がしやすいので、出先で履物を脱ぐことが想定される場面で便利なことも大きな利点です。

1-4.サンダルに向かない季節はある?

サンダルに向かない季節は真冬と梅雨時です。冬は履いている人自身が寒いから、というのが最大の理由ですが、外観上も季節感が無い雰囲気になるので、一般的な形状のサンダルはおすすめできません。
 
また、悪天候の日が多い梅雨時にも、足が直接濡れてしまうことからサンダルは向かないと言えるでしょう。
 
足元が冷えると体調不良にもつながりやすいので、サンダルは春、夏、秋を中心に楽しむものと考えた方が良いでしょう。
 
 

2.まとめ

 
サンダルはいつからいつまで履くかという疑問について、季節ごとに解説しました。サンダルは梅雨と冬を除けば1年中活躍する便利なアイテムです。そのため、オシャレさと履きやすさを兼ね備えたサンダルを持っておくことをおすすめします。
 
革靴製造販売の専門店LIFTは、サンダルの履きやすさに日本伝統の雪駄の良さを加え、さらに現代の製造技術をプラスした「サン駄(江戸前sandal)」を販売しています。サン駄(江戸前sandal)は上質な牛皮を使用しているうえに、カラーバリエーションも豊富なので、外観にこだわる人の要求にもお応えできます。
 
鼻緒には肌触りの良い素材を使用していますし、ソールには低反発スポンジとある程度の硬度を持つ素材を5層に組み合わせることで、疲れにくいように設計されています。そのため、花火大会などある程度立ちっぱなしになる場面でも安心感があります。
 
サイズは3SからXLまで6種類ありますから、それぞれの方にお好みのサイズを選んでいただくことが可能です。
 
またLIFTは、熟練した職人がオーダーを受けてから素材と技法にこだわりぬいて作る、大量在庫をしない革靴を提供しています。品質の高い革靴と現代雪駄をお求めなら、ぜひLIFTにお任せください! 
 

革靴を最初に履くとき痛いのはなぜ?痛みが出る理由と対策をわかりやすく解説!

新品の革靴を最初に履いたときに、足が痛くなった経験がある方は少なくないでしょう。特別な日に新しい靴を履くというのはワクワクすることですが、新しい靴を履いたことで足が痛くなるとせっかくの楽しみが台無しになってしまうこともあります。

 

そこでこのコラムでは、新しい革靴をはくとなぜ痛いのかを解説したうえで、痛くならない方法も紹介していきます。

 

1.新しい革靴はなぜ痛い?

この項目では、そもそもなぜ革靴は最初に履くとき痛いのかを解説します。

 

1-1.サイズが合っていない靴を履くと痛みが起きる!

靴はサイズが合っていないと靴擦れなどの痛みが起きます。例えば靴の中でかかとが動くほど大きい場合は、摩擦によってかかとに痛みが生じることがあります。また、靴のサイズが小さいと足が圧迫されて痛みが起きます。このため、しっかりとフィットする靴を買うことは非常に重要です。

 

1-2.サイズは合っていても革が硬いことで痛みがでる!

革靴は履いているうちになじんできますが、買った直後にはやや硬い特徴があります。そのためサイズとしては合っているのに、例えばヒールカップ(かかとを包んでいる部位)の頂点や、「タン」と呼ばれる足首の前側に接する先端部分がこすれて痛むことがあります。

 

これを踏まえて、次の項目では革靴を履いても痛くないように足になじみやすくする方法を記載します。

 

2.足が痛くならないための対策を紹介!

この項目では、革靴を履いても足が痛くならないための方法を紹介します。

 

2-1.いきなり長時間履くことを避け、少しずつ足になじませる

革は使っているうちに適度に柔らかくなりますが、新品の状態ではやや硬いため、足が痛くなることがあります。そのため新品の革靴で長時間外出することは避け、例えば近所を30分程度散歩するなどから始めて、少しずつ履く時間を伸ばしていくことをおすすめします。

 

2-2.シューズフィッターで革靴を伸ばす!

革靴を伸ばしたり、形状をキープしたりするための道具として、シューズフィッター(シューズキーパーとも言う)を使う手もあります。ネジで調整できるシューズフィッターを使うと、靴を伸ばす方向に力をかけて1日程度放置するだけで靴が少し伸びて履きやすくなります。商品によって靴の長手方向に伸ばすタイプと、足の幅法方向も伸ばせるタイプがあります。

 

価格的には1,000円程度から販売されており、一度買えば長く使用できますから、革靴を好んで履く人なら持っておくことをおすすめします。

 

2-3.革用のクリームやオイルで革靴を伸ばす

革専用のクリームやオイルを使うと、革が油分を吸って伸びることで足にフィットしやすくなりますから、履きながら足に合うように伸ばしていけます。

 

ただし、オイルがしみのようになることもあるので、使用するときには目立たない所で試してから塗ることをおすすめします。また、前の項目で書いたシューズフィッターと併用すれば効率的に革を伸ばすことができます。

 

2-4.そもそもしっかりフィットする靴を買う!

痛みが起こりにくくするには、そもそもしっかりフィットする靴を購入することが重要です。その意味ではオーダーの靴を作ることが有効ですが、オーダー専門の靴屋さんに行って採寸してもらうのは、ちょっと敷居が高いですし、近くにオーダーできる靴屋さんが無いと実現できません。

 

そのため、既製品を買われる方が多いかと思いますが、その際に重要となるのが適正なサイズを選ぶことです。「通販ではサイズが合わないのでは?」と考える方も多いでしょうが、ホームページ内で足のサイズの測り方もしっかりガイドしていますのでご安心ください。

「足のサイズの計測方法」

 

LIFTは「衣服のような靴であれ」というキャッチフレーズを掲げており、注文を受けてから材料を手配して、1足ずつ作るこだわりの受注生産を行っています。

※LIFTの革靴でも、革自体が最初は硬めであることは変わりませんので、様子を見ながら少しずつ履く時間を延ばすこと、オイルやクリーム、シューズフィッターなどで馴染ませることをおすすめします。

 

3.まとめ

革靴を最初に履くとき痛いのはなぜなのかを解説したうえで、痛くならない方法を紹介しました。

 

要点をまとめると、革は購入時点では少し硬いので、オイルやクリームを使って伸ばしながら足になじませていくことが重要です。また、最初からサイズが合っていない靴を買った場合、靴の中で足が動くことで靴擦れが起きますから、しっかりとフィットする靴を買うことが何よりも重要です。

 

革靴製造販売の専門店LIFTは、オーダーを受けてから職人が上質な革を使用して1足ずつ丁寧に革靴を作る手法を取り、履き心地の良さを追求した革靴を販売しております。またLIFTは、大量生産や在庫をしない方法を取っているので、高品質な革靴を適正価格で提供できることも特徴としています。品質の高い革靴をお求めなら、ぜひLIFTにお任せください!

革靴って洗えるの?洗えるかどうかの判断や靴を傷めない洗い方を解説!

革靴は「水に濡らすのは望ましくない」というイメージが強いので、「洗えない」という固定観念もあると思います。しかし、実は多くの革靴は、いくつかの注意点を気にすれば、洗ってきれいにすることが出来ます。
 
そこでこのコラムでは、革靴の洗い方について、わかりやすく解説します。
 

1.洗える革靴と洗えない革靴の違いは?

足は一日にコップ一杯もの汗をかくと言いますから、靴の中には雑菌が増えがちで、嫌なニオイもしてきます。そのため、「靴を洗いたい」と思う人は多いですが、家庭で洗うことに適していない靴もあります。
 
この項目ではまず、洗える靴と洗えない靴を整理します。

1-1.まず家庭で洗えない素材を知っておこう

最初に書いておくと、「起毛系」と呼ばれる素材と、エナメル、ヌメ革は家庭で洗うことは困難です。起毛系の靴は洗った後に毛を立てて見た目の美しさを保つことが難しい特徴があります。起毛系の代表的なものとしては、羊や山羊、豚や仔牛などの皮の裏面を利用したスエードや、牛皮の表面を使ったヌバックが有名です。
 
また、エナメルも水洗いに向きません。エナメルとは皮を加熱した後に、油分を塗りこんで乾燥させる工程を丁寧に繰り返したもので、一般的には耐水性が高い素材として知られています。しかし、革部分とコーティングの間に水が入る可能性があるので、洗うことには向かないのです。
 
ヌメ革とは、革にタンニンを鞣(なめ)した素材で、大事に使うことで独特の風合いが出てくる特徴を持っています。その一方で、水分を吸収しやすい特徴があり、水気を含むと形状が変化してしまうので水洗いに向きません。
 
そのため、スエードやヌバックなどの起毛系の靴、エナメル、ヌメ革の靴を綺麗にしたいときは、革製品の修理店等に依頼しましょう。

1-2.洗う前に色落ちしないか確認しよう!

大切な革靴ですから、洗う前に色落ちしないかどうか確認することも重要です。いきなり水洗いをはじめるのではなく、まず布に水を含ませて目立たない部分を拭いてみてください。汚れではなく色が落ちるようであれば、水洗いには向きません。

1-3.洗い過ぎは厳禁!

洗えるとわかった素材でも、やはり革ですから頻繁に洗うことはおすすめできません。革は適度な油分を含んでいることで良い状態を保てますが、洗うことによって油分が抜けてしまうからです。
 
頻度としては半年に一回でも多いくらいなので、年に1回か2年で3回という程度にとどめておきましょう。
 
 

2.革靴の洗い方を知ろう!

ここではいよいよ革靴の洗い方を解説します。

2-1.用意するもの

革靴を洗う際はまず以下のものを用意してください。
  • 革靴専用洗剤かサドルソープ、またはボディソープ
革専用の洗剤は1,000円前後から販売されています。サドルソープとは革専用の石鹸でやはり1,000円前後から入手できます。ボディソープを使う場合は、5%程度に希釈してください。5%とは5リットルに対して250cc(ccとmlは同じ容量)、3リットルに対しては150ccです。市販のボディソープのボトルは500cc前後が多いです。ラベルに表示された容量を見て目安にしてください。
  • 柔らかいスポンジ(台所スポンジで可)
  • 不要な歯ブラシ
  • 靴を浸せるバケツや大きめの洗面器
  • 40℃程度のお湯、3~5リットル程度
  • 新聞紙等、吸湿性の高い紙
    新聞紙が無い家庭は多いと思うので、キッチンペーパーでも構いません。
  • 柔らかい布
  • 靴専用クリーム
  • 木製のシューキーパーがあれば尚良い

2-2.洗う手順

  1. まず、ひもがある靴ならひもを外す。
  2. 歯ブラシで目立つ汚れやほこりを取る(革を傷つけないように注意)。
  3. バケツか洗面器に40℃前後のお湯を3~5リットル程度入れる。
  4. 上記に靴を浸し、水分を均等に含ませる。ただし長時間つけると革が劣化するので、水分を含んだらいったん上げる。
  5. 革靴専用洗剤かサドルソープと上記のお湯、スポンジで優しく洗う。ボディソープを使う場合は上記のお湯に5%程度を溶かしてスポンジで洗う。
  6. 泡を流す程度にさっとすすぐ(革専用洗剤には保湿剤が含まれているのですすぎ過ぎない方が良い)。
  7. 乾いた布で水分を拭きとる。
  8. 新聞紙など吸湿性の高い紙を丸めて詰め、型崩れを防ぎながら乾燥させる(つま先やかかとまでしっかり詰めるイメージで)。型崩れを徹底して防ぎたい人は木製のシューキーパー(2,000円程度から入手可能)を使うことを推奨。
  9. 風通しが良い日陰で、靴を立てた状態でしっかり乾かす。季節によるが2~3日程度が目安。吸湿用の紙は半日~1日に1回は交換する。
 

3.まとめ

 
革靴の洗い方について解説しました。革靴は時々洗うことで、気持ちよく使うことが出来ます。ただし、洗える靴かどうか判断することと、洗い方に注意が必要なので、当コラムを参考にして丁寧に洗ってください。
 
 
 
お知らせ
2022/4/25までMakuakeにて洗えるレザーシューズを販売しております。
もっと簡単に洗いたい方にはおすすめです!
さらさら和紙製生地、高機能インソールで気になる悩みとさよなら!優しい履き心地も自慢のレザーシューズです。是非この機会にお試しください!
詳しくはこちらから
 
毎年好評の現代雪駄「サン駄」も2022/4/25までMakuakeにて販売しております。
履きやすさとデザインを追求して製造した自慢の雪駄です!
詳しくはこちらから
 
革靴製造販売の専門店LIFTは履き心地の良さを追求した革靴を製造し、良い商品を適正価格でお届けしております。大量在庫せずにオーダーを受けてから熟練した職人が素材と技法にこだわり製造した革靴を提供するスタイルが当社の特徴です。高品質で履きやすい革靴をお求めなら、ぜひLIFTにお任せください!
 
 
 

革靴って何足持っているべき?ローテーションして履くべき理由やおすすめの履き方を解説!

「革靴は履くことによって汗を吸うので、毎日同じ靴を履かないほうが良い」という話を聞いたことがある方は少なくないでしょう。しかし、「実際のところ、1日履いたらどれだけ間をあければいいのか」、「結局革靴は何足持っていればよいのか」を知っている人は少ないと思います。
 
そこでこのコラムでは、革靴を何足持っているべきなのかを解説します。
 

1.革靴を複数持つべき理由は?

革靴は連続して履かない方が良いことは広く知られていますが、この項目では、まず革靴を複数持つべき理由について解説します。
 

1-1.足から出る汗で臭いが発生する

そもそも足には汗腺が多く、背中などに比べると5倍もあると言われています。そのため1日でコップ1杯もの汗をかきますから、靴には大量の汗が染み込むのです。
 
とはいえ、実は汗そのものには、においを発する成分はほとんどありません。しかし、皮膚には多数の細菌が生息しており、皮脂などをエサにしています。それらの細菌が汗と皮脂がと混ざった状態で活動すると、人間にとって嫌なにおいが発生します。
 
細菌が活動するには、20度以上の温度があることも重要な要素です。靴は長い時間足と接触するため、体温によって温められます。つまり、温度と湿度、皮脂などのエサという3つの条件がそろうため、靴の中は細菌にとって非常に好ましい環境なのです。
 
これを踏まえて、革靴は1日履いたら汗の水分が乾くまで間をあけることで、嫌なにおいがすることを防止しやすくなるのです。
 

1-2.カビが発生しやすくなる

カビは革製品にとっての大敵です。1日履いた後の革靴には、汗による湿度と体温による温度が残ります。また、足の皮脂や革の内部のタンパク質がカビにとって栄養源となるため、カビが繁殖するのに非常に好ましい環境が形成されるのです。
 
カビは見えるところに繁殖していれば非常に見た目が悪いですし、仮に見えない所に発生した場合でも、革自体のタンパク質を摂取し続けるので素材として劣化が進行していきます。
 
さらに、カビは条件さえそろえばどんどん繁殖しますから、仮に見えにくい場所で発生した場合でも、放置すればいずれは見える部分まで侵食される可能性が高いのです。
 
このような点を踏まえて、革靴はカビを発生させないようにローテーションしながら履くことをおすすめします。
 

2.結局革靴は何足持っているべき?

前の項目では、においやカビを防ぐために革靴を連続して履かない方が良いことを記載しました。ここでは具体的に革靴を何足持っておくべきかを記載します。
 

2-1.できれば4足以上持つことが望ましい

足の汗に由来する水分を飛ばしてにおいやカビのリスクを下げるためには、1日履いたら二日は間をあけることを推奨します。そのため、1週間に5~6日連続で革靴を履くと仮定すれば、必要な数は3足ということになります。しかし当コラムでは、雨の日があることを踏まえて、4足以上の革靴をローテーションして履くことをおすすめします。
 
多くの革靴は、雨によってダメージを受けやすい特徴を持っています。防水スプレーなどである程度ダメージを防ぐことはできますが、激しい雨が降った場合は万全とは言えません。そのため、雨の日専用に撥水加工や防水加工が施された革靴を1足でも持っておくと、全体として革靴を長く大切に履くことができるでしょう。また、雨の日用の靴としては、ソールにレザーを使っているものよりラバーソールがおすすめです。
 

2-2.いきなり4足は無理でも2足は確保しよう

それなりの革靴を買うにはある程度の費用が掛かりますから、いきなり4足以上をそろえることは難しいという方も少なくないでしょう。そんな時は通常履きの革靴を1足と、雨に強い革靴を1足ずつ持って交互に履くことをおすすめします。雨に強い靴であっても晴れた日にも履けますから、とりあえず毎日同じ靴を履くよりダメージを小さくできます。
 
その後1足ずつ買い足していくようにすれば、いずれは4足以上でローテーションすることが可能になるでしょう。
 
 

3.まとめ

革靴を何足持っているべきかについて解説しました。足は身体の中でも汗をかきやすいうえに、靴は密閉された構造であるため、においやカビが発生しやすい特徴を持っています。それを踏まえると、できれば4足以上の靴をローテーションしながら履くことをおすすめします。
 
経済的な事情でいきなり4足もの靴をそろえることは難しいという方は、とりあえずオーソドックスな革靴と、雨に強い加工が施された靴を1足ずつ持つことから始めましょう。
 
革靴製造販売の専門店LIFTは、上質な素材を使用して履きやすい革靴を多数提供しています。熟練した職人が、素材と技法にこだわりぬいて自社で一貫製造することがLIFTの特徴です。大量生産して在庫を置く利益重視のスタイルではなく、オーダーを受けてから職人が一足ずつ丁寧に製造しております。
ぜひ一度LIFT自慢の職人が作った革靴をお試しください!
 

革靴の選び方で迷っている人はチェック!シーンに応じた履きこなしを解説

「革靴」はしばしばひとくくりに語られがちですが、フォーマルな場面とカジュアルな場面での使い分けが大切です。とはいえ、「どの革靴をどんなシーンで履くべきかわからない」という方も多いでしょう。
 
そこでこのコラムでは、男性用の一般的な革靴の種類や特徴、シーン別の革靴の選び方について、詳しく解説します。
 
 

1. 種類ごとの特徴と使用場面を解説

この項目では、男性向けの革靴の基本的な種類や特徴を解説します。
 

1-1. ストレートチップ

つま先の先端と靴紐部分の中間付近(足の甲の部分)に、横一文字のラインが存在する革靴です。ビジネスシーンでも利用されますが、フォーマル度も高いので、冠婚葬祭や就職活動などあらゆる場面で使用できます。デザインとしてシンプルなこともあって、最初に購入する一足としてもおすすめです。
 

1-2. プレーントゥ

つま先側(足の甲)に装飾がないデザインです。シンプルなので冠婚葬祭を含むあらゆる場面で使用できます。ただし、ストレートチップに比べるとフォーマル度は低めと考えましょう。
 

1-3. ホールカット

ホールカットはかかとの部分以外に継ぎ目がないことを特徴としています。継ぎ目が少ないため、靴メーカーとしては製造技術を問われるデザインとして知られています。シンプルでフォーマル度が高い靴ですが、おしゃれ感が先行するため、結婚式には良くても葬儀には向きません。
 

1-4. ウイングチップ

足の甲部分にW型の縫い付けがあり、鳥の羽にも似ていることから、「Wing」と呼ばれています。華やかさがあり、ビジネスやおしゃれなシーンに役立ちます。その一方で、華美な印象があるため冠婚葬祭や就職活動には向きません。
 

1-5. モンクストラップ

靴紐ではなく、バックルをあしらったストラップで甲の部分を固定する形状です。15世紀頃の修道僧の靴をモチーフにしていることもあって、結婚式にも適したフォーマル度を持っています。ただし、おしゃれ感な印象が強いので、葬儀関係や就職活動に履いていくのは控えたほうが良いでしょう。
 

1-6. ローファー

靴紐がなく履き口が広いことから脱着しやすい特徴を持つ革靴です。フォーマル度は低く、一般的なビジネスシーンには問題ないですが、冠婚葬祭や就職活動には向きません。ジーンズにも合うなど、カジュアルな場面にも便利です。
 

1-7. サイドエラスティック

履き口の再度付近にゴム(エラスティック)があることで、脱ぎ履きがしやすいうえにフィット感もあります。日本は欧米に比べて靴を脱ぎ履きすることが多いため、需要も多いタイプです。
 
しっかりしたデザインであればドレッシーでフォーマル度も高いですが、履きやすさ優先のものは外観へのこだわりが薄い場合があるので用途を踏まえてデザインを選びましょう。
 
 

2. シーン別の革靴の選び方

ここからはシーン別の革靴の選び方を紹介します。各靴の特徴については前項をご参照ください。
 

2-1. ビジネスシーンに合う革靴

一般的なビジネスシーンでは、プレーントゥやストレートチップ、サイドエラスティックやモンクストラップ、ローファーやウイングチップ、ホールカットなど今回紹介した革靴はすべて利用できます。
 
一方、就職活動の場合は装飾性が目立つデザインは好ましくないので、シンプルさを優先したプレーントゥかストレートチップをおすすめします。
 

2-2. カジュアルなシーンに合う革靴

今回紹介した革靴の中でカジュアルなシーンにおすすめしたいのは、プレーントゥ、ウイングチップ、ローファー、モンクストラップの4種類です。
 
カジュアルな場所であれば形状だけでなく色合いについても自由度が増しますから、ブラウン系などの靴も活躍するでしょう。
 

2-3. フォーマルなシーンに合う革靴

フォーマルについては結婚式などの祝いの席と、葬儀や通夜などの弔い事の席に分けて説明します。
 
まず祝い事に履いていくことをおすすめしたいのは、ストレートチップ、プレーントゥ、モンクストラップの3種類です。一方弔い事の席に履いていくにはモンクストラップはおしゃれさが目立つこともあって、ストレートチップかプレーントゥのようにシンプルなデザインが良いでしょう。
 
 

3. まとめ

代表的な革靴のデザインや特徴について解説し、それぞれに適した用途をまとめました。カジュアルなシーンであれば大きな影響はないでしょうが、フォーマルな場では意外と多くの人が靴に着目しています。ぜひ革靴の選び方で浮いてしまうことが無いように、今回の記事を役立ててください。
 
履きやすくデザイン性も良い革靴をお探しなら、日本製革靴ブランド「LIFT」の公式通販サイトをぜひご利用ください。LIFTは履き心地だけでなく健康面にもこだわり、革靴やバレエシューズ、パンプスなど、受注した靴を一品ずつ心を込めて手作りしています。
 
また、一貫した自社工場製造で無駄な経費が無いため、低価格でも高品質の革靴を提供することが出来ています。安心できる日本製の革靴をお探しなら、ぜひ「LIFT」の商品をお試しください。
 

小学生のお仕事体験

皆様

 

こんにちは!

11月も終わりそうですが、11月の思い出をご紹介します。

東浅草小学校のほど近い弊社は、今月小学校の学習の一環でお仕事体験に

東浅草小学校の2年生4名が来てくれました。

一人一人しっかりと、あいさつをしてくれ、熱心にメモをとり

靴作りの説明を聞くピュアな様子に、心が洗われるようでした。

最後は、靴紐を頑張って結んでお仕事体験してくれました。

学ぶ姿勢、見習いたいと思います!

 

株式会社リフト

 

20211130171818.jpg20211130171840.jpg

雪駄と草履は何が違う?歴史や素材、用途の違いをわかりやすく解説!

近年、健康に良いことや手軽なこと、オシャレなものが増えたことなどから、草履(ぞうり)や雪駄(せった)などの、いわゆる「和の履物」が見直されてきています。しかし、雪駄と草履は何が違うのか?と聞かれると、実は明確に答えられる人は多くはありません。
そこでこのコラムでは、雪駄と草履の違いを徹底追及し、それぞれの歴史や用途、素材について詳しく解説します。

 

1. まず雪駄と草履の歴史を知ろう!

この項目では、まず草履と雪駄の歴史について解説します。

1-1. 草履の歴史

草履(ぞうり)は平安時代(西暦794年頃~1190年頃)の中期に、それまで主流だった草鞋(わらじ)を改良して作られたと言われています。
ちなみに草鞋自体も平安時代に作られたものと言われていますが、そのもととなったのは奈良時代(西暦710年頃~780年頃)に中国から伝来した藁(わら)の履物です。草鞋はかかとを固定する機能がありましたが、草履では鼻緒によって固定するように作られています。
草履は昭和初期までは日本の代表的な履物でしたし、現代でも女性が着物を着るときは草履を履くのが一般的です。そのため草履には1000年程度の長い歴史があると言えるでしょう。

1-2. 雪駄の歴史

雪駄の歴史にはいろいろ説がありますが、茶道で有名な千利休(せんのりきゅう)が、織田信長に仕えていた時期に考案したと言われています。千利休は西暦1522~1591年に生きた人物ですが、織田信長は1582年に亡くなったとされているので、雪駄には400年以上の歴史があると考えられます。
雪駄が生まれた経緯としては、下駄の歯に雪が詰まって歩きにくいと考えたことから、草履の底面を改良して生まれたものという説があります。
その後江戸時代に、底面に金具がつけられて、現代で言う警察のような仕事をしていた人が履いたという説も知られています。底面が工夫されることで悪事を働いた人を追いかけやすいように工夫されたらしく、この改良は大岡越前の案を平賀源内が実用化したものという説もあります。

1-3. つまり雪駄は草履の一種!

前項に書いた千利休が本当に雪駄の発明者なのかは別としても、歴史的長さや形状を踏まえれば雪駄は草履の一種と考えて間違いありません。
一方、結婚式などで男性の第一礼装に合わせる履物は、白無地の鼻緒を持つ草履か雪駄とされています。そのため、草履も雪駄も和装の履物の「格」では最上位ですから、日本の伝統衣装ではどちらも高く評価されていることが伺えます。

 

2. 雪駄と草履は何が違う?

ここからは、今回のテーマである雪駄と草履の違いを解説していきましょう。

2-1. 従来は素材の違いが目立っていた!

雪駄の歴史を考えると、草履の裏面に革や金具を張り付けるなどして滑りにくくした経緯があります。そのため、伝統的な履物の分野では、底面の素材の違いが雪駄と草履を見分ける大きな差と考えて良いでしょう。
また、雪駄は底面に別の素材を使ったことで強度が保たれているためさほど厚く作りませんが、草履は強度を保つために厚く作られる傾向もあります。

2-2. 用途を男女で区別する見方もある!

旧来の雪駄と草履の違いを考えると、草履は男女ともに利用しますが、雪駄は男性が履くものというイメージが強いようです。結婚式など和服で正装する場合も女性は草履ですが、男性の場合草履と雪駄のどちらかとされています。
とはいえ、近年発売されているものでは雪駄もオシャレさを増しており、女性が履くための色やサイズを用意しているメーカーもあります。
そのため、慣習的には雪駄は男性の履物と見る傾向が強いですが、現代のカジュアルシーンでは、ノンバイナリーな履物になりつつあると考えて良いでしょう。

 

3. 近年はオシャレで履きやすい現代雪駄が人気!

ここまでは伝統的な履物としての雪駄と草履の違いを解説しました。しかし、近年はいろいろな素材やデザインが増え、雪駄も草履も伝統的なものばかりではなくなっています。
そのため、カジュアルシーンではすでに明確な違いはなく、商品としてどちらを名乗るかの違いと考えても良いでしょう。

 

4. まとめ

雪駄と草履の違いについて、誕生の歴史や用途、素材の違いなどを解説しました。
伝統的な履物としては素材が違うことや男女の違いがありますが、近年はその差はほとんどなくなっています。そのため、結婚式などの正装でなければ、自由に履きこなせることこそが雪駄や草履の特徴となっていると言っても良いでしょう。
革靴製造販売の専門店LIFTも、伝統的な雪駄の魅力を活かしつつ、現代の技術を加えた「サン駄(江戸前sandal)」を開発・販売しています。サン駄(江戸前sandal)はサイズが3SからXLまで6種類ありますから、それぞれの方にお好みのサイズを選んでいただくことができ、カラーも複数あるので女性にも多数利用されていることも大きな特徴です。
上質な牛革を使用していることや、肌触りの良い鼻緒を意識して作り上げているので履き心地の良さでも優れています。現代のカジュアルシーンで使える履きやすい雪駄を探すなら、LIFTのサン駄(江戸前sandal)がおすすめです。

 

着物の足元にはどんな履物を合わせるべき?和の履物の用途をわかりやすく解説

着物を着る際には、足元=履物にも、和の物を選ぶことが定番です。日本の伝統的な履物と言えば、草履や下駄、雪駄などがあります。
とはいえ、現代人は日常的に着物を着るわけではありませんから、どんな時にどの履物を履くべきかわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、和の履物のTPOについて詳しく解説します。

 

1. フォーマルな着物に合う履物

この項目では、まずフォーマルな装いのときに選ぶべき履物について説明します。

1-1. 男性の礼装で選ぶべき履物

「礼装」とは冠婚葬祭に着用する着物のことで、男性の第一礼装と言えば、紋付の羽織袴(はおりはかま)です。この場合、選ぶべき履物は、雪駄か草履で、台(平らな部分の素材)は畳表であること、鼻緒は白無地であることなどが必須とされています。

1-2. 女性の礼装で選ぶべき履物

女性の場合の第一礼装は新婦であれば白無垢や打掛、新郎新婦の母親か仲人夫人なら黒留袖です。この場合、履物は金か銀の草履が基本と考えて良いでしょう。形状的にはかかとが高いものほどフォーマル度が高いとされています。

1-3. 準礼装で選ぶべき履物

準礼装は略礼装とも呼ばれる礼装に次ぐ服装です。結婚式に参加する場合、親族なら色留袖、ゲストとして一般参加する場合は訪問着がおすすめです。その他、色無地、江戸小紋、付け下げなども着用可です。また未婚女性なら振袖で参加することもできます。
準礼装の場合の足元は、エナメルや布地をベースとした草履を選びましょう。

 

2. カジュアルな着物の場合の履物は?

着物の種類で言うと、街着や普段着、浴衣などがカジュアルなものに分類されます。カジュアルなシーンであれば、結婚式のように「格」という考え方は不要なので、ある意味好きなものを履いて良いと考えて良いでしょう。そんな理由から、近年は着物にスニーカーやブーツを履く人も増えていますが、「やはり着物の足元には和の履物!」と思う方には、草履、下駄、雪駄がおすすめです。
ここでは改めてカジュアルなシーンで使える和の履物の特徴や用途を整理しましょう。

2-1. 草履ってどんな履物?

草履は平安時代中期に生まれたと言われています。それ以前からあった草鞋(わらじ)に改良を加えたもので、草鞋には足首に引っかけるひもがありますが、草履にはそれに相当する部分がありません。そのため、脱ぎやすく履きやすい反面、草鞋より長距離を歩くことには向いていません。
女性が着物を着る際、フォーマルであれば足元は草履というのが一般的ですが、近年はかわいらしさを追求したカジュアルな草履も増えているので、浴衣の足元にも合わせられます。そのため、色や素材を考慮すれば、草履自体はどのシーンでも使えると考えて良いでしょう。

2-2. 下駄ってどんな履物?

下駄は奈良時代にはすでにあったとされています。豪族など、権力者が履くものだったようですが、現代では結婚式などのフォーマルな場所では履きません。男女ともに着物の足元に合う履物ですが、カジュアルな場面で履いたほうが良いでしょう。
台の部分が木でできていることが多く、歯が2本あるイメージが強いかもしれませんが、歯がない下駄もあり、土踏まずの地面側の部位をくりぬいたものもあります。

2-3. 雪駄ってどんな履物?

千利休の発案でできたとされているので、それが正しければ安土桃山時代に作られたことになり、草履、下駄よりかなり新しい履物です。
雪駄は草履の一種で、元禄時代以降は裏面に金属を設置したものも多かったようです。白い鼻緒と畳表の雪駄は男性の第一礼装に合わせるものとされており、草履、下駄と比較すると最も格が高いシーンで利用されます。一方、夏祭りなどで浴衣の足元に合わせるにも向いているので、カジュアルなシーンにも利用されます。
つまり素材や色合いを踏まえれば、雪駄は着物の足元に合わせる際に最も応用範囲が広い履物と言うこともできるでしょう。
雪駄は現代の技術を取り入れて、履きやすさや歩きやすさが大きく改善されたものが販売されており、21世紀の今でもフォーマル、カジュアルの両面で活躍しています。

 

2021517155014.jpg

 

画像の雪駄


「サン駄 (江戸前 sandal)土台:ブラック」

>>>商品詳細はこちら

画像の雪駄の色違い


「サン駄 (江戸前 sandal)土台:ヌメ」

>>>商品詳細はこちら

3. まとめ

着物の足元を演出する和の履物について、用途や特徴を解説しました。草履、下駄、雪駄にはぼんやりとしたイメージしかない方が多いと思いますが、今回の内容を読んでいただければ用途を整理できると思います。ぜひ、日本の伝統的な履物になじんでみてください。
革靴製造販売の専門店LIFTは、従来の雪駄の魅力に現代の製造技術を加えた「サン駄(江戸前sandal)」を販売しています。サン駄(江戸前sandal)は上質な牛革を使用して高級感を演出しつつ、鼻緒には肌触りの良い素材を使用することで履き心地の良さを追求しています。
結婚式の第一礼装などには向きませんが、浴衣の足元に合わせるなら、履きやすくて疲れず、オシャレさも強化されたサン駄(江戸前sandal)がおすすめです。和装だけでなく普段もオシャレに履け、伝統と現代の融合された革靴屋の作るサン駄で、お好みの新しいコーディネートをお楽しみください

「雪駄は便利だけど歩きにくい」と思っている人に、雪駄の快適な歩き方をわかりやすく解説!

雪駄は普段履きのカジュアルな履物として便利ですし、夏祭りや花火大会で浴衣を着るときにもよく合います。また、近年健康効果が話題になったこともあり、現代の技術を取り入れたオシャレな雪駄も販売されています。
 
その一方で、「雪駄って歩きにくそう」と思っている人も少なくないようです。そこでこのコラムでは、オシャレで足の痛みもない雪駄の歩き方を詳しく解説します。
 

1. まず西洋の履物とは歩き方が違うことを知ろう!

この項目では、まず和の履物と西洋の履物で歩き方が異なることを説明します。
 

1-1. 和の履物はかかとを大きく上げない

現在はほとんどの人が日常で靴を履いていると思います。靴を履いていると足先で蹴ってかかとを上げる歩き方が普通ですが、和の履物はかかとをホールドしないこともあって、かかとはあまり持ち上げません。
 
和服を着ているときは大股で歩くと裾(すそ)が乱れるので、小股で、つま先側にやや重心を置いて歩いた方が美しいのです。
 
また、草履や雪駄を履いてかかとを上げて歩くと、脱げやすくて不快ですし、鼻緒の部分に当たっている部位が痛くなったりします。さらに、かかとを上げて歩くとかかとの肉と雪駄の上面が当たるペタンペタンという音がして、美しい歩き方になりません。
 

1-2. 「拇指球」を意識すると美しいうえに歩きやすい

雪駄を履いて歩くときは、雪駄のかかと部分を地面にこするように歩くことを意識しましょう。裏面全体をこするのではなく、かかとの裏側だけを地面につけることがポイントです。
 
雪駄は裏面に鉄板がはめ込まれていたことがあり、その金属が地面に当たってチャラッチャラッと音がするのが「粋(いき=江戸時代のかっこよさ、重視されたライフスタイル)」でもあります。現代の雪駄には金属板は使われていないことが多いですが、歩き方としてはかかと部分がこするほうが美しいと覚えておきましょう。
 
慣れないうちは「歩きにくい」と感じる人もいますが、「拇指球(ぼしきゅう)」という部分に体重が乗ることを意識すると、格段に歩きやすくなります。
 
拇指球とは、足の裏の、親指の付け根にあるふくらみです。拇指球を意識して歩く方法を身につけると、足の指に適切な力が入りやすいので、足を大きく上げなくても歩きやすく、ペタペタ音がすることも少なくなります。
 
また、拇指球を意識するようになると、靴を履いているときにも指の力を使いやすくなり、バランス良く動きやすくなります。そのため、アスリートもパフォーマンスアップのために拇指球を意識した動きを取り入れることは多いですし、特に運動をしない人も転倒しにくくなるなどメリットが豊富です。
 

1-3. 雪駄の歩き方をマスターすると健康効果も豊富

前の項目で書いたように、雪駄を履いて快適に歩けるようになると、自然と足の指をしっかり使えるようになります。すると、結果として姿勢が良くなるというプラス効果も生まれるのです。
 
姿勢が良い状態をキープできていれば、自然と血行が良くなり、新陳代謝もアップしますから、冷え性の改善や太りにくい体質になるなど、健康や美容面でのメリットが豊富です。
 
また、雪駄は足の裏にバランスよく体重がかかるので、外反母趾の予防効果も期待できます。仕事などでヒールが高い靴を履く必要がある人は外反母趾のリスクが高いですから、仕事以外では雪駄を履くようにしてみてはいかがでしょうか。
 

2. 現代的な雪駄なら、意識しなくても歩きやすい

ここまでは伝統的な雪駄を履いた時の歩き方について解説しました。しかし、現代の技術を導入して作られた雪駄なら、特別に意識しなくても最初から歩きやすい工夫が施されています。
 
革靴製造販売の専門店LIFTが、伝統的な雪駄の魅力を生かしたうえで、現代の製造技術を加えて開発した「サン駄(江戸前sandal)」は、さまざまな方法で歩きやすさを追求しています。
 
まず、素材には上質な牛革を使用しており、見た目のおしゃれさを追及しています。さらに、牛革の内側には低反発スポンジとクッション性が高いEVAスポンジ、コシがある種類のEVAスポンジといろいろな素材を使っているので履き心地が良く、疲れにくいように仕上げています。靴底に自然な反りが加えられていることも、一般的な雪駄にはないサン駄ならではの歩きやすさへの工夫です。
 
底面には軽いのに滑りにくく、高強度の素材が用いられているので、快適さと耐久性の両立も申し分ありません。
 
鼻緒には肌触りの良い素材を使用することで、和の履物にありがちな指の痛みが起こりにくい工夫もされています。このように、現代の技術を活かした雪駄なら、雪駄のメリットをしっかり味わいつつ、歩き方の工夫もそれほど要求されません。
 
2021517155014.jpg

 

画像の雪駄


「サン駄 (江戸前 sandal)土台:ブラック」

>>>商品詳細はこちら

画像の雪駄の色違い


「サン駄 (江戸前 sandal)土台:ヌメ」

>>>商品詳細はこちら

3. まとめ

雪駄を履いた時の歩き方についてまとめました。雪駄は伝統的な履物で、浴衣などの和装に合うだけでなく、健康に良い側面も多数あります。とはいえ、慣れないうちは足の痛みや、疲れやすさを感じる面も否定できません。
 
そんな悩みを一気に解消するのが、現代の技術を投入して作られた、革靴製造販売の専門店LIFTが開発した「サン駄(江戸前sandal)」です。サン駄は、疲れにくさや履きやすさをとことん追求し、入手したその日から快適に履ける優れた現代雪駄です!
 
雪駄の手軽さやおしゃれさ、健康効果と快適さをすべて求めるなら、株式会社LIFTのサン駄(江戸前sandal)がおすすめです!